ムックとのコラボin IMZ

イベントの会場構成なんかも仕事のひとつです
e0069646_13203456.jpg

お世話になっています「むっく」さんが、IMS内にある佐賀県の情報センターで、むっく展をやったときの写真です
e0069646_1321295.jpg

e0069646_13221532.jpg

[PR]
# by mac-hitani | 2005-09-16 13:23 | お仕事させていただいた | Trackback | Comments(1)

これでも針灸院です!

e0069646_2123390.jpg

これ、なんとオーナー自らが壁を塗りました。
ちょっとしたレクチャーで、そこそこですが、塗れるようになります。
なんとかなるものでしょ!
e0069646_2121423.jpg

e0069646_2132925.jpg

e0069646_2141639.jpg

左にいるのがオーナーです
明々堂
[PR]
# by mac-hitani | 2005-09-12 21:08 | お仕事させていただいた | Trackback | Comments(2)

カメラマンだったころもありました

e0069646_19385882.jpg
こんな感じの撮ってました

って言っても、モデルさんの事務所用だったり作品撮だったりが、主でした

あまり上手じゃないですね

プロのカメラマンさんに申し訳ないですが

今は、これでご飯食べてません
[PR]
# by mac-hitani | 2005-09-11 19:44 | お仕事させていただいた | Trackback | Comments(0)

まずは

皆さんこんにちは
工事現場の進行方法って気になりませんか?
これが必ずしも正しい方法ではないのですが
大まかな、流れとして、これから少しづつ、ご紹介してまいりますので
面白くない方もいらっしゃるとは思いますが、お付き合い下さいませ

まず測量からですが
な・なぁ・なんと!今やGPSを使って測量します
進んでますね
e0069646_17151120.jpg

望遠鏡のちっちゃいのをのぞいて「OK!」なんて、イマドキないみたいです
各ポイントで「ピッ・ピッ」後は事務所にもどって
パソコンにデーターを入れると、図面になって出てくるそうです


それからプランニングです
「あーしたい、こーしたい」夢はふくらむばかりです
ここが一番肝心なところなのでクライアントさんと、じっくり話し合って
進めて行きますので4ヶ月ほどかかりました
半年以上の物件だって進行中です
プランニングの時には、あまり具体的な数字は、提示しない法が
想像力が増して、思いもつかないような、アイディアが出てきますので(O_o)WAO!!!
ぼくは、あまり、シリスボミ的な話はしません

プランが決定すると、いちばんイヤな見積の段階になります
ここで実際の金額が出てきて、夢の世界から現実へ(x。x)゚゚゚
ここを、おさえて、あそこをもっと等・・
やっぱり予算はありますからね
いくらでもいい人なんていないですよ

今回のレポートは、地鎮祭について
もともと、この儀式は、工事に先立ち、土地の神を祝って敷地を清め
工事中の安全と建築物が何事もなく永くその場所に建っていられることを願うお祭りです。

一般には「神式」
で神主さんが行いますが、仏式・キリスト教式で行っても構いません。

今回は、恵勝寺つまり仏式で行いました
施工者準備品は
竹:4本、雄竹・二股:メ竹1股それぞれ2本づつ
竹を固定する杭

施主準備品は
鯛1匹
酒1升
米1升
粗塩1袋
野菜と果物それぞれ3又は5品割り切れない数


まず、神座の四隅に斎竹(イミダケ)を立ててしめ縄をめぐらし紙垂を下げます
e0069646_17173173.jpg


次に神饌(シンセン)
酒1升、米1升、粗塩1袋、野菜と果物それぞれ3又は5品割り切れない数を備えます
e0069646_17182227.jpg


いよいよ「地鎮の儀」が始まります
e0069646_17212061.jpg


四方祓い(シホウハライ)
施主が塩を、設計士(ぼくは意匠ですが一般的には設計監理者)がお神酒、を敷地の中央と四隅にまきます。
e0069646_17224828.jpg


いよいよ鍬入れ(クワイレ)
施主が鍬
e0069646_17243850.jpg

設計士が鋤(スキ)
e0069646_17264418.jpg

施工業者がここでは、杭を入れましたが
e0069646_17261376.jpg

神式では「鍬(くわ)入れ」で、初めてその土地に鎌、鍬、鋤(すき)を入れます。まず、「苅初(かりぞめ)の儀」で設計者が鎌を入れ、「穿初(うがちぞめ)の儀」で建主が鍬を入れ、施工者が鋤を入れます。

いろいろなやり方がありますので、気になる方は
どんな風に進行して聞くのか、事前に確認しておいた方がよいでしょう

つづいて「玉串拝礼(たまぐしはいれい)」で、神職および参列者一同が玉串(たまぐし)をお供えして拝礼します。玉串は、榊の枝に紙垂を結んだもので、神さまの御霊(みたま)と参拝者の魂を結ぶものとされています。
e0069646_1729230.jpg


「撤饌(てっせん)」でお食事をおさげし、「昇神(しょうしん)」で
お招きした神さまたちをお送りして祭儀は終了します。
e0069646_17311221.jpg


この後、神さまへのお供え物を神職と参列者一同でいただく「直会(なおらい)」という宴が開かれます。
というのが、だいたいのながれです
このとおりでなければ、ならないということではなく、あくまで一例ですので

最近ではあまり見かけなくなりましたね
本来なら近所の、おじちゃん、おばちゃんやらが、手伝いに来て家は出来ていました。
何時のころからか、ハウスメーカーが家を建てるのがあたりまえのようになってきて
こういったものは忘れ去られそうになっています
ぼくは、地鎮祭をとおして「やっぱ日本人やな〜」と、思いました
「いい!」いいんです、説明しづらいですが、とにかく「いい!」んです
みなさんも、家を建てるときは、是非!試してみて下さい

「いい!」のが解っていただけると思います

これから具体的な工事の進行をレポートしてまいります
12月末には完成予定です
オープンハウス(見学会)も、予定しておりますので、乞うご期待です!!
それでは(^o^)/

          続き→「仮設だって大事な工事なんです!」               
[PR]
# by mac-hitani | 2005-09-11 17:35 | いえができるまでLOCALHOUSE02 | Trackback | Comments(1)

じつは、ここも!百草木の径

e0069646_18391175.jpg
天神のIMS(イムズ)では環境・エネルギー問題なんかも、やってます

実は、このプロジェクトって、すごく真面目に

ヒートアイランド現象やCO2のこととかに取り組んでいます。

ここは、その昔、那珂川の河川敷だったそうです。

その原風景を再現すべく、このプロジェクトは

『百草木の径』と名付けられ

左官職人 原田 進
植木職人 河津 初男
下草職人 高瀬 章二郎
意匠職人  「町谷一成」
プロデューサーに 澤 治彦
というメンバーで、、動き出しました

川の上流にいって、植物採集から、土の確保

樹木だって「那珂川産」

草なんか根付くまで監理を続けました

近所のおかあさんが、勝手に花を植えたりするんですよね〜
他の植物に影響があるものだったらたいへんでしょ

そんなこんなで、楽しかったですよ

e0069646_18392511.jpg

[PR]
# by mac-hitani | 2005-09-10 19:07 | お仕事させていただいた | Trackback | Comments(1)


1970/07/29意匠職人 町谷一成 土に還る住宅を目指して地産地消のご住宅を中心に設計させて頂いております。


by mac-hitani

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
手作り妻のシンプルバック レザークラフト
うどん不動庵さん
お仕事させていただいた
いえができるまでLOCALHOUSE05
いえができるまでLOCALHOUSE04
いえができるまでLOCALHOUSE03
いえができるまでLOCALHOUSE02
築100年の旧家のリノベーション
家を建てる前に
仕事
こだわりの材料
建築雑学?
Mac
料理
雑貨
smart
伝統的建築物
伝統の技・まだ生きてまっせ!
父から子へ 子から孫へ
手作り革ランドセル
旅館の再生・別府山田別荘
桃の木
田植え
名工
ムルティプラ
Architecture Hous
canon 1D MkⅡ
カメラねた
LUMIX-DMC-LX7
1-un
DJ mo-more
うちの小物たち
音楽ねた
とにかく
映画情報
親バカ日記
ファッション
ちくご元気計画
E家「いいいえ」が出来るまで
日田の名物・遊船「屋形船」

ハイキング
ピクニック
ヤブクグリ

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 03月

お気に入りブログ

ブログの玉手箱
ForestGreen
VATELバテール〈ca...
楽貧生活
「で」のブツブツ
くらどみ通信
「ぷ」の話
アコーディオン 新井武人 
暮らし・手作り楽しみながら
スチール空間設計/鉄のク...
メリケン国から こんにちは。
くらし日和
林業日報
構築の美学 by mor...
時代の移ろい by mo...
akikoの創作人形
森のささやき by mo...
豊後森機関庫保存委員会
cafe de h  カ...
鎌倉にある 一級建築士事...
江副直樹/プロデューサー...
裏庭日記
別府 くつろぎの温泉宿 ...
山田別荘 宿々日記
MAIAMITENGOKU
前崎日記
泥の詩、土の夢。
Leave Word
cafeweek 鳥取
Disk Maestro...
桃の木
阿南陶磁器工房
Apple User G...

検索

ブログジャンル

建築・プロダクト
クリエイター

メモ帳

最新のコメント

スマートカブリオの幌ワイ..
by 山川です。 at 00:18
otameto789さま..
by mac-hitani at 14:31
こんにちは(^-^) ..
by otameto789 at 21:28
ついに日本国内でも販売が..
by もと at 19:37
watakichi様へ ..
by mac-hitani at 18:57
予算と思いの違い、があり..
by watakichi at 02:40
吉田くんーず〜〜〜〜〜と..
by mac-hitani at 20:11
町谷さんこんにちは。 ..
by 吉田 崇 at 14:17
matsuo様へ 参考..
by mac-hitani at 11:11
純正がすぐに使えなくなっ..
by matsuo at 18:17

ファン

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31