<   2012年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ミラーレスコンパクトデジカメってもしかして、ものすごい?

かつてLeicaの技術者が目指していた究極のカメラ

カメラの命とも言うべきレンズの透明度を極限まで磨き上げ

フィルムに近づけることで空気の透明度をも減らしたかったと聞いたことがありますが

この最後尾のレンズとフィルム間のことをフランジバックというらしいですが

ミラーレスコンパクトデジカメって
いとも簡単に一眼レフに比べて20mmも縮めているではありませんか!!!!!
e0069646_23191096.jpg


ものすごいことなんじゃないんですか?

かつてのLeicaの技術者のみなさん
あなた方の魂はまだ、生きていますよ!


Is a mirrorless compact digital camera by any chance frightful?

The ultimate camera which an engineer of Leica has ever aimed at
I improve the transparency of the lens which should be called the life of the camera to the maximum and put it up
I have heard that I wanted to reduce transparency of the air by bringing it close to a film
A lens and a film interval of this tail seem to be called flange back
A mirrorless compact digital camera
I very easily narrow 20mm in comparison with a single-lens reflex camera

Is not it a frightful thing?
Engineers of former Leica
Your soul is still valid!
[PR]
by mac-hitani | 2012-10-20 23:17 | LUMIX-DMC-LX7 | Trackback | Comments(0)

Leica-D-LUX6ってLUMIX-LX7と同じモノ?

LUMIX-LX7買ってウキウキしながらNETサーフィンやってたら!

あれま!

LeicaからもF1.4レンズ搭載機出るんじゃ〜ん
Leica-D-LUX6
11月1日発売予定だそうですが〜〜

これってOEMだからって
そのまんまじゃん!
e0069646_21453545.jpg

ちょっと透かしますよ〜
e0069646_21501632.jpg

うぃ〜〜ん
e0069646_21503368.jpg

がしゃーん
e0069646_21504788.jpg

おまけに中身も一緒って〜〜
e0069646_21331157.jpg

e0069646_21333023.jpg

カバー変えただけ?
Leicaのロゴ入ってるだけで85500円だって〜
LUMIX-LX7は42778円〜なのに
2個分・・・・・・
あなたならどうしますか?

日本の技術力もここまできたってことでしょうけど
どっちが本物なのかって
どっちもどっちじゃん

同じくOEMでも
TOYOTAのIQが130万円に対して
e0069646_22311065.jpg

ASTON MARTIN CYGNETが400万円なのもブランド力なのか!
e0069646_22332843.jpg


e0069646_22271356.jpg



If I do NET surfing while I buy LUMIX-LX7, and being happy and excited!
Oh, no!
Plane appearance るんじゃ - ん mounted with .4 F1 lenses from Leica
Leica-D-LUX6
Seem to be going to release it November 1,; but ... ...
Because this is OEM

Just!

I thin it a little
[PR]
by mac-hitani | 2012-10-20 21:32 | LUMIX-DMC-LX7 | Trackback | Comments(4)

2012稲刈り

今年も稲刈りの季節がやってまいりました〜〜〜
e0069646_17595490.jpg

美味しいお米になったかなぁ〜〜
e0069646_1813782.jpg

みんな日が暮れるまでがんばった!
e0069646_1822424.jpg

おいしくなぁれ〜〜って言いながら
掛け干し
e0069646_1875649.jpg

あとは、脱穀だぁ!
[PR]
by mac-hitani | 2012-10-20 17:59 | 田植え | Trackback | Comments(0)

RICOH-LC1をLUMIX-LX7に移植

自動開閉レンズキャップを取付けてみる事にした
一度の失敗を踏まえて最後には成功しました
なんでもやってみないと解らないものですね!
e0069646_1528281.jpg

Netで調べても詳しく加工方法は出ていないみたいなので自力で加工してみる事にしました
e0069646_15274860.jpg

用意するものはRICOH-LC1とカッターと鉛筆と紙ヤスリが有れば十分です
まず、取付ける場所を紙に転写して型を取ります
e0069646_15302254.jpg

かなりアナログですが、鉛筆でゴシゴシ!
e0069646_15303563.jpg

カッターで切り抜いて
e0069646_15321886.jpg

RICOH-LC1に当てて余分な部分をチェックします
e0069646_1533254.jpg

どうも、内側にある段のところまでカットすれば良さそうです
e0069646_1535059.jpg

この段まで3箇所カッとします
e0069646_15393553.jpg

引っかかる部分まで0.5mmほど遠いので全体的に、紙ヤスリで削りました
e0069646_15395697.jpg

これで、取り付きましたが・・・・

中心がズレてる・・・・
e0069646_15463664.jpg

削る方向間違ったみたいです・・・・・

あ〜〜〜〜〜〜ぁ

もう一個やり直しですね!

LC1が届いたらもう一個作ります!
高くついたな・・・・・・

でも純正の自動開閉レンズキャップ曲線が入ってて格好悪いんだもん〜〜〜

がんばります!!!


失敗から3日後のリベンジ!!!!
新しい部品が届いたので、前回の失敗を踏まえてもう一度挑戦です!

カットするのは、この部分一カ所だけです
e0069646_2026485.jpg

e0069646_2027059.jpg

これだけです!
全体は、削らなくても入りました
少しきついですが、その方がポロッとこないので
ギュウ〜〜って入れておきましょう!!
e0069646_2032926.jpg

これで完成ですね
e0069646_20305723.jpg

やっぱ、こうでなくっちゃ〜〜〜
[PR]
by mac-hitani | 2012-10-20 15:27 | LUMIX-DMC-LX7 | Trackback | Comments(2)

ジプトーンにだって漆喰は塗れる!

不可能を可能にするのも、僕の仕事です!

改装工事では、良い条件の下で仕事を完了させる事は至難の技ですね

出来るだけクライアントさんに負担が掛からないようにいろいろと工夫する事だって多々あります

そりゃ〜お金かければ何だってできますよ〜〜〜

限られた予算や時間の中で精一杯!思い通りにモノを創り出すのが試練です!

今回は前人未到のジプトーンに直接漆喰を塗るというミッション!!
e0069646_22344671.jpg

テストを繰り返しながらも塗る方法を発見しました

もちろん!ボードを上から張って塗るのが通常作業でしょうが
予算ってモノがありますからね〜〜

目地が割れるじゃぁないよ〜って意見もあるでしょう

下地処理をして目地テープ貼って処理して下塗りして、仕上げ塗りすれば灰汁や目地は出ません
でも、そこまでやって目地にクラックが入るまで何年ですか?10年保ちます?
何より漆喰塗る意味ってなんですか?

調湿作用でしょ?

下処理の素材が何か知ってます?
下塗りの材料自体ほとんどのモノは湿気通さないんですよ

なんのために漆喰塗るの?

通常は2〜3mm程度の厚さしか塗らないんですよ
そんな厚さでどの程度の湿気を吸えるんですか?
下塗りしてから塗った漆喰なんて、調湿なんか、ほとんどしてませんよ〜〜

それより処理無しで塗ると、ボードも石膏で出来ていますから
かなり調湿してくれます
さらに、漆喰が調湿するので、イメージどおりです

珪藻土は自分で固まれないので樹脂で固めてるものは調湿しませんのでお気をつけください

漆喰が厚ければ調湿効率も上がるのは当然のことですね
嫌でも厚くしか塗れないように、ワラなんか入れれば
ワラの厚み以上塗らないと引っ張ってまわって塗れません

こうした工夫をすることで、厚みのあるおもむきの、優しい感じがする漆喰壁が出来上がります

クラックの問題は、簡単には、書けないのですが、いずれ出ます!
絶対出ないは、ありません

だって建物が湿度の変化で呼吸しているので、伸び縮みは、どんなに小さくても必ずしています

あっ合板や修正材で出来た、呼吸しない建物もありますが
それは『家』ではないので置いておきますね


どうせクラック入るなら、クライアントさんにきちんとした説明をして、選択してもらった方が良いのでは、ないでしょうか?

ほとんどの場合きちんとした説明無しに、泣き寝入りなことって、この業界多すぎません?

こんな事書くと暗殺されるかも・・・・・

とにかく!
きちんと説明する事
チャレンジする事が大事なことなんじゃないでしょうか?

長くなったので、今日はこのへんで
[PR]
by mac-hitani | 2012-10-19 22:34 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

LUMIX-DMC-LX7が来た!

愛用しているKodakのV705は、Kodakブルーがとても奇麗で広角23mmと
かなり気に入っていたのだが、持病のエラーNo45が、出て来た
修理に出しても3万近くかかる
前にも一度修理に出しているが2年保たなかった〜
もう限界だろう

最近やたらと一眼レフが気になっていた

欲しい!

欲しくてたまらない!

そう思いながらあれこれ物色していたが
やっぱり持って回るのに、ちょっときびしい〜し
一眼レフを買えば、レンズ地獄にハマることは目に見えている
逸る気持ちを抑えて〜〜〜〜

コンデジではRICOHのGRがF値がF1.9と、かなり!いい!のだが
広角が28mmと、建築写真を撮るには、いまひとつ〜〜
24mmクラスの広角となるとGXだがレンズの明るさがF2.5で、いまひとつ

そこで、行き付いたのがLUMIX-DMC-LX7
広角24mmで、F値がなんと!F1.4!と、めちゃくちゃに明るい!

でも〜LUMIXは、前にも一台持っていたのだが、色が浅かったので懸念していたが
Net上では、改善されているという話もチラホラ出ている
これは、撮ってみないと、何とも言えないのだが
他にこんなに明るくて広角までカバーしているカメラは今の所、他に無い!

ここ半年ぐらい悩みに悩んでLUMIX-DMC-LX7に決定した
ちなみにiPhone5で撮影したLX7
e0069646_18524541.jpg

今日のLX7撮影は、こんな感じ
e0069646_18531750.jpg

e0069646_18532978.jpg

e0069646_18533924.jpg

一切加工無しです
やはりF1.4は、すごい!

ちなみに僕のBlogのタイトル写真はSONY-VX200のF1.6で撮影したものです


e0069646_22271356.jpg



In V705 of Kodak using habitually, Kodak blue is very clean; with wide-angle lens 23mm
I considerably liked it, but chronic error No45 came out
It takes nearly 30,000 even if I send it on repair
... which I went for repair once, but did not keep before for two years either
It will be already a limit
I was worried about a single-lens reflex camera too much recently
I want!
I am dying!
I looked this and that while thinking so
After all I do slightly severe ... to take it around
If it buys a single-lens reflex camera, it is obvious to be stuck in the lens hell
Control a feeling to become rash; and ... ... - ...
F-number is considerably good with F1 .9 GR of RICOH in コンデジ; is のだが
So that a wide-angle lens takes 28mm and a building photograph; ... ... not good enough
It is GX when it becomes the wide-angle lens of the 24mm class, but the brightness of the lens is not good enough in F2.5
Therefore it is LUMIX-DMC-LX7 I go, and to have been accompanied
At wide-angle lens 24mm, と is what bright F1 .4 F-number badly!
But ... LUMIX had one before, but was concerned because a color was shallow, but
On Net, the improved story is given here and there
When this does not shoot it, it is excellent
There is not the camera which I am so spirited and cover to a wide-angle lens elsewhere elsewhere for the moment!
I was troubled with a trouble in here a half year and was decided in LUMIX-DMC-LX7
By the way, LX7 which I photographed in iPhone5
[PR]
by mac-hitani | 2012-10-19 18:51 | LUMIX-DMC-LX7 | Trackback | Comments(0)

LTEの電波について。

e0069646_7432736.jpg

あっちゃんから詳しく補足してもらったので
せっかくなので、投稿させていただきます

LTEの電波
これはiphone5の仕様と3G、LTEの規格、
それから日本のキャリアと総務省の電波の割り振りの
関係があるので少し複雑です。
僕でもよく分からないことがあります。
っと言ってもぐぐったらすぐ調べられるのでしょうが。。。

現在世界で使われているLTEのバンドが約20種類くらいあります。
iphoneは世界中に供給しているので、
大きく3種類のモデルで対応しています。
・GSMモデル A1428(LTE band 4,17)
・CDMAモデル A1429(LTE band 1,3,5,13,25)
・GSMモデル A1429(LTE band 1,3,5)

auもSBもこの3種類の中から選ばないといけません。

まずauですが、auはSB、ドコモと違って3Gに
CDMA EV-DOという方式を採用しています。
なので「CDMAモデル A1429」を使用します。
(4Sからこの規格を作ってくれたおかげでauでも使えるようになりました)
このモデルはLTE bandが1,3,5,13,25なので
800M,1.5G,2Gの周波数帯でLTEの電波を発射してるauは
2G帯をiphone5で使うことが可能です。
800M,1.5Gは他の国であまり使われていないことから、
今回のiphone5では使用できないのですが、
4SのときのようにVerizon、auのために端末を作ってくれた実績があることから
次世代のiphoneに期待できます。

SBは3GにGSM方式を採用していますので、
「GSMモデル A1429」を使用します。
LTE bandは1,3,5。SBは2GのLTE電波を吹かしているので
必然的にSBも2G帯をiphone5で使うことになります。
これに加えて、買収したイーアクセスが1,7G帯を持ってたので
これもiphoneで使用することが可能です。

LTEはWiFiと違って携帯電話用の基地局から電波を飛ばしてます。
Wifiと比較にならないほど超広域です。
なので電波強度もばらつきがあります。
現在のところ各社下り最大75Mbpsです。
個人的な実測値では福岡市内の自宅で
wimaxのWiFiで2M、3Gで2M、LTEで10Mくらいってとこでした。

ありがとう〜
あっちゃん!
[PR]
by mac-hitani | 2012-10-06 07:43 | Mac | Trackback | Comments(0)

水害の爪痕

水害の爪痕は、普段見えない壁の裏側にまで及んでいます
e0069646_21403414.jpg

e0069646_2140515.jpg

水が上がってきたあたりまで、カビているのが、お分かりいただけると思います
空気の流れない壁の中!このまま放置すれば〜・・・・・・

怖い!怖い!・・・

臭いものにはフタをするのでは、何の解決にもなっていません!

臭いものは取り除いてキレイに掃除するんです!

撤去しましょうね!

カビについては、こちらから
[PR]
by mac-hitani | 2012-10-03 21:40 | とにかく | Trackback | Comments(0)

杉床オイルフィニッシュ

現在日田の水害被害に会われた、お家をリノベーション中の物件が2件有りますが
季節的な湿度の問題との戦いで難航中ですが

部分的にでは、ありますがゆっくり進んでおります

今回は、杉床の魅力についてのレポートです
e0069646_831038.jpg

僕は普段から、出来るだけ地元で取れた材料を使用するようにしています
これは、材料の風土的問題が大きいのですが

何より、素材との距離感が近いので、堅苦しく無く
身近な存在として空間にとけ込めるモノだと信じています

なかでも、杉床は古くから馴染みのある素材で、学校やお寺の廊下等で
いい感じに年期のはいった状態のものをみかけますよね

あれが、好きな方が圧倒的に多いのは、素材との距離感が近いということだと思います

では、どんな風にしたらあんな風に仕上がるのかを、さわりだけお伝えしますね

学校やお寺の廊下は、長年かけて空気中の小さなチリやホコリが木の繊維に付着して
何とも言えないアジのあるいい感じに仕上がっていきます

木材は乾燥すると白く見え、カサカサした感じになります
ある程度は保水していないと、そんな状態になるんです

学校やお寺の廊下は毎日雑巾掛けしてますよね〜
まさに!、毎日の雑巾掛けのタワモノです

もちろん雑巾は手で絞りますが、このとき微量ですが手の油分がくっつきます
この微量な油分が水分と一緒に床板の表面に吸収されます。

もちろん水分だけだと、お肌を水だけで洗った時のように、かえって感想状態になりますね

お肌のお手入れと同じように油分が必要なんです

この油分が感想を防ぐ皮膜を表面に作ってくれています

この油分に空気中の小さなチリやホコリが木の繊維に付着して
何とも言えないアジのあるいい感じに仕上がっていきます

なので!最初に、たぁ〜っぷりオイルをぬってあげましょう

最初はツルツルすべってトムとジェリーの世界みたいになって、家族みんなで、楽しく作業ができます

本当に滑りますから気をつけてくださいね
半日もすれば落ち着きますが、次の日もまた、塗ってください

次はできれば、そのつぎの週末とかにもう一度同じように、楽しみながら作業をしましょう

冒頭の床はこの作業を5回ほど繰り返した状態です

ここまで、やらなくてもいいですが

最初はマメに、そのうち週に一回から月に一回、半年に一回、年に一回と感覚を延ばしていってもかまいません。

毎日の雑巾掛けは無理でも、このペースならなんとか、なりそうではないですか?

使用して良いオイルについては、また今度〜















Sugiyuka oil finish
This is a report about the charm of Sugiyuka
I have been from the usual, to use the material, which was taken at the local as much as possible
This is, I endemic problem of the material is large

More than anything, because the close sense of distance between the material, without stiff
We believe that things that Tokekomeru in space as a familiar presence

Among them, a material Sugiyuka have a familiar from ancient times, in the hallway, etc. of schools and temples
I think you saw a thing enters the state of the Terms of Service to the good feeling

There is, the overwhelming majority is the favorite is, I think that there is close sense of distance between the material

So, whether finished in Anna wind Once you have any wind, we will tell only touching

Corridors of schools and temples, and small dust and dirt of over in the air for many years to adhere to the fibers of the wood
I finished in a good feeling with indescribable horse mackerel

It looks white when the wood is dry, you will feel that you rustling
If you do not have to some extent water retention, it becomes such a state

I think you're over rag every day the school corridor and temples -
Exactly! , Is Tawamono daily rag hanging

Of course rag will stop by hand, but this time is a very small amount, but also stick the oil of hand
This small amount of oil will be absorbed into the surface of the floor plate together with moisture.

Of course, if I only moisture, your skin, such as when washing with just water, it will be rather impressions state

The oil in the same way as the care of your skin I needed

This oil has cooked a coating to prevent impressions on the surface

And small dust and dirt in the air in this oil adheres to the fibers of the wood
I finished in a good feeling with indescribable horse mackerel

So! First, let's give painted the Ta-sore oil

Initially become like the world of Tom and Jerry slipped slippery, the whole family, you can happily work

But please be careful because you really slip
Also calm if half a day, but the next day also, please apply

The following is possible, the next Toka once again in the same way on the weekend, let's work while having fun

Floor at the beginning is a state that was repeated this work about 5 times

Up to this point, but we do also need to do

For the first time beans, which once from once a week to a month, six months at a time, you can go to extend the one-time and the sense of a year.

Also an irrational daily rag hanging, somehow if this pace, is not it will likely?

For good oil to use, also this time -
[PR]
by mac-hitani | 2012-10-03 08:02 | こだわりの材料 | Trackback | Comments(0)


1970/07/29意匠職人 町谷一成 土に還る住宅を目指して地産地消のご住宅を中心に設計させて頂いております。


by mac-hitani

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
手作り妻のシンプルバック レザークラフト
うどん不動庵さん
お仕事させていただいた
いえができるまでLOCALHOUSE05
いえができるまでLOCALHOUSE04
いえができるまでLOCALHOUSE03
いえができるまでLOCALHOUSE02
旧家のリノベーション
家を建てる前に
仕事
こだわりの材料
建築雑学?
Mac
料理
雑貨
smart
伝統的建築物
伝統の技・まだ生きてまっせ!
父から子へ 子から孫へ
手作り革ランドセル
旅館の再生・別府山田別荘
桃の木
田植え
名工
ムルティプラ
Architecture Hous
canon 1D MkⅡ
カメラねた
LUMIX-DMC-LX7
1-un
DJ mo-more
うちの小物たち
音楽ねた
とにかく
映画情報
親バカ日記
ファッション
ちくご元気計画
E家「いいいえ」が出来るまで
日田の名物・遊船「屋形船」

ハイキング
ピクニック
ヤブクグリ

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 03月

フォロー中のブログ

ブログの玉手箱
ForestGreen
VATELバテール〈ca...
楽貧生活
「で」のブツブツ
くらどみ通信
「ぷ」の話
アコーディオン アライタケヒト
暮らし・手作り楽しみながら
スチール空間設計/鉄のク...
メリケン国から こんにちは。
くらし日和
林業日報
構築の美学 by mor...
時代の移ろい by mo...
akikoの創作人形
森のささやき by mo...
豊後森機関庫保存委員会
cafe de h  カ...
鎌倉にある 一級建築士事...
江副直樹/プロデューサー...
裏庭日記
別府 くつろぎの温泉宿 ...
山田別荘 宿々日記
MAIAMITENGOKU
前崎日記
泥の詩、土の夢。
Leave Word
cafeweek 鳥取
Disk Maestro...
桃の木
阿南陶磁器工房
Apple User G...

検索

ブログジャンル

建築・プロダクト
クリエイター

メモ帳

最新のコメント

スマートカブリオの幌ワイ..
by 山川です。 at 00:18
otameto789さま..
by mac-hitani at 14:31
こんにちは(^-^) ..
by otameto789 at 21:28
ついに日本国内でも販売が..
by もと at 19:37
watakichi様へ ..
by mac-hitani at 18:57
予算と思いの違い、があり..
by watakichi at 02:40
吉田くんーず〜〜〜〜〜と..
by mac-hitani at 20:11
町谷さんこんにちは。 ..
by 吉田 崇 at 14:17
matsuo様へ 参考..
by mac-hitani at 11:11
純正がすぐに使えなくなっ..
by matsuo at 18:17

ファン

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31