<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Apple User Group in Hita

e0069646_0512195.jpg

正式なApple User Group 所得しました!

月に一度、皆さんで集まって勉強会を行っています

大分県日田市のApple Userの方ご参加お待ちしております
[PR]
by mac-hitani | 2008-07-23 19:48 | Mac | Trackback | Comments(0)

トロピカルカクテル

桃の木のメニューのパワーアップはフードやスイーツだけじゃ止まりません!

暑さを吹っ飛ばす
トロピカルカクテルでリゾート気分はいかがでしょう
e0069646_17571771.jpg

あなただけのオリジナルカクテルをつくってもらってレシピを差し上げます
e0069646_1757630.jpg

楽しさイッパイでおまちしておりますので
ぜひ!お越し下さいませ


おしごとの一覧はこちらからどうぞ
e0069646_9293330.jpg

[PR]
by mac-hitani | 2008-07-12 17:57 | 桃の木 | Trackback | Comments(0)

パワーアップ桃の木!

新鮮な食材の提供をもっとパワーアップしたいので

週末の金・土曜19時からだけの営業に集中させていただくことになりました

なんといっても
フードやスイーツメニューがパワーアップです
新鮮な季節のメニューがい〜っぱいです

8時半まで入店の女性の方には
「今日のスィーツ」がサービスで付いてきます


金曜日はいろんな勉強会を始めたいと思っています
内容は
スローフード・スローライフ
家を建てたい方
Macユーザーの相談会
などなどです
この他こんなこと勉強したい!っというご意見もお待ちしております

土曜日は
cafe DJ ラウンジスタイル
心地よい音楽を提供していきます

ぜひ、お立ち寄りくださいませ

e0069646_0121770.jpg

e0069646_0122637.jpg

e0069646_0124429.jpg

e0069646_0123413.jpg

アートカフェ桃の木
営-金・土曜夜のみ・他予約受付致します
19時〜26時
momonoki@b-net.kcv.jp
tel-0973-22-3837
大分県日田市亀山町2-17寺町通り
[PR]
by mac-hitani | 2008-07-03 18:42 | 桃の木 | Trackback | Comments(0)

畳職人-中野正行

e0069646_13352986.jpg

e0069646_1336899.jpg

今回は畳のレポートです
これまた日田在住の畳協会の会長さんでもあります中野正行さんのところにお邪魔させていただきました
六本木ヒルズにまで納品に行くほどの方です

中野正行さんいわくイグサには集中力を高める効果もあるそうですよ〜

それでは『たたみ』の語源からまいりましょうか
畳は「たたむ」ことを意味し
折り返して重ねる・たためる・重ねるものから、敷物すべてを意味したもので、これが畳の起こりだと言われています

平安時代には畳は寝床として利用されていたそうですね
正倉院には聖武天皇の「御床」と言う物が存在していたそうですもん

畳の呼び方で本間(ほんま)や江戸間なんて聞いたこと無いですか?
こんなにも違うんですよ!

関西間=京間=本間
1間(けん)=六尺五寸なので
長手が六尺三寸(1909mm)で1.985平方メートル

関東間=江戸間=五八間=田舎間
1間(けん)=六尺なので
長手が五尺八寸(1757mm)で1.682平方メートル

関東間で畳を10枚敷いた10畳の部屋の広さは
関西間の8.47畳分の広さに相当します
逆に
関西間で畳を10枚敷いた10畳の部屋の広さは
関東間の11.8畳分の広さに相当します


実は畳の敷き方があるのはご存知でしょうか?

婚礼のときに床の間の前に平行に敷いてから
畳の合わせ目がTの字になる敷き方を
吉の敷き方と呼びます
e0069646_13383143.jpg

吉があるので凶の敷き方もあります
e0069646_13384162.jpg

葬儀のときに敷く敷き方で畳の四隅が合わさって十字になる敷き方です
大広間や寺院でも用いられている敷き方で「いも」継ぎとも言われます

今では畳の部屋なんてほんの少しあれば良い方になってきましたね
茶室などでは欠かせない畳ですが
私の住んでいる大分県は畳表(たたみおもて)に使われる『七島藺』
(しちとうい-大分の方言では、しっとういと発音します)
の生産が行われている唯一の県なんですよね

『七島藺』ってなに?
通常の藺草の断面は円ですが、この七島藺の断面は三角形なんです。
しかも藺草より丈夫なので商家や柔道用にも利用されていたんですね。

江戸時代のはじめに橋本五郎右衛門が琉球(トカラ列島=『七島』)から持ち込んだとされております

畳表の材料となる藺草は借り入れると、すぐに天然泥で泥染されます
これは色や香りを出すために行われますが
この他に青さを長続きさせるために酸化銅の緑青(ろくしょう)を混合した物を塗布している物もあります

現在では縁なしの正方形で目の小さな 目積表(めせきおもて)は琉球畳(りゅうきゅうたたみ)などと呼ばれていますね〜
e0069646_1340440.jpg

目積表でも芯に入っている糸が麻や綿などグレードが違ってきます
もちろん麻の方が高級表です
e0069646_13404323.jpg

一般的にはもう少し目の大きな諸目表(もろめおもて)=普通表と言われている物が主流ですが、こちらもシングル綿・ダブル綿・綿麻・麻と言う具合にいろんな芯材のグレードがあります
e0069646_13412169.jpg

それでは畳の中身のお話を少々
本来は藁(わら)で出来ています
e0069646_13422131.jpg

下から順番に裏菰(うらこも)・菰配(こもばえ)・下配(したばえ)・銅配(どうばえ)・縦配(たてばえ)・横配(よこばえ)・肌菰(はだこも)で出来ており繊維を縦横交互に重ねて糸でぎゅぅ〜〜っと締めて作られたものを藁床(わらどこ)と呼んでいます
e0069646_13431527.jpg

この他、中にウレタンが入った半藁床
e0069646_13441134.jpg

や合板で作られたダイケン床
e0069646_13443019.jpg

などがあります

最近では裏菰の下に防虫シートを付けたものもありますが
e0069646_1345187.jpg

本来はシュロ菰で仕上げられていました
e0069646_13452028.jpg


いよいよ作り方です
畳表は短い方の頭を縫ってから
e0069646_13465615.jpg

長て方向に縁(ふち)を縫い付けていきます
e0069646_13473940.jpg
e0069646_13475329.jpg
e0069646_1348385.jpg
e0069646_13482976.jpg
e0069646_13484092.jpg
e0069646_13525451.jpg

この縁にも麻製な物から化学繊維物までいろいろあります
e0069646_13493775.jpg


今でこそ機械で縫って行きますが昔は手で一本一本縫っていたんですから大変だったでしょうね〜〜

普段は畳の表面しか見えていませんが
日本建築の奥の深さを思い知らされる貴重な伝統品の一つですね!

畳には
吸湿性
放湿性
断熱性
自己消火性
難燃性
互換性などの効果があるとされています

昔から私たちの日本で暮らすために作り出された機能的な床材です
これからも大切にしていきたいですね

できれば一年に一度は天気のいい日に
外で干してあげてください

Mac.comのHPはこちら
[PR]
by mac-hitani | 2008-07-01 13:56 | 名工 | Trackback | Comments(0)


1970/07/29意匠職人 町谷一成 土に還る住宅を目指して地産地消のご住宅を中心に設計させて頂いております。


by mac-hitani

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
手作り妻のシンプルバック レザークラフト
うどん不動庵さん
お仕事させていただいた
いえができるまでLOCALHOUSE05
いえができるまでLOCALHOUSE04
いえができるまでLOCALHOUSE03
いえができるまでLOCALHOUSE02
築100年の旧家のリノベーション
家を建てる前に
仕事
こだわりの材料
建築雑学?
Mac
料理
雑貨
smart
伝統的建築物
伝統の技・まだ生きてまっせ!
父から子へ 子から孫へ
手作り革ランドセル
旅館の再生・別府山田別荘
桃の木
田植え
名工
ムルティプラ
Architecture Hous
canon 1D MkⅡ
カメラねた
LUMIX-DMC-LX7
1-un
DJ mo-more
うちの小物たち
音楽ねた
とにかく
映画情報
親バカ日記
ファッション
ちくご元気計画
E家「いいいえ」が出来るまで
日田の名物・遊船「屋形船」

ハイキング
ピクニック
ヤブクグリ

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 03月

フォロー中のブログ

ブログの玉手箱
ForestGreen
VATELバテール〈ca...
楽貧生活
「で」のブツブツ
くらどみ通信
「ぷ」の話
アコーディオン アライタケヒト
暮らし・手作り楽しみながら
スチール空間設計/鉄のク...
メリケン国から こんにちは。
くらし日和
林業日報
構築の美学 by mor...
時代の移ろい by mo...
akikoの創作人形
森のささやき by mo...
豊後森機関庫保存委員会
cafe de h  カ...
鎌倉にある 一級建築士事...
江副直樹/プロデューサー...
裏庭日記
別府 くつろぎの温泉宿 ...
山田別荘 宿々日記
MAIAMITENGOKU
前崎日記
泥の詩、土の夢。
Leave Word
cafeweek 鳥取
Disk Maestro...
桃の木
阿南陶磁器工房
Apple User G...

検索

ブログジャンル

建築・プロダクト
クリエイター

メモ帳

最新のコメント

スマートカブリオの幌ワイ..
by 山川です。 at 00:18
otameto789さま..
by mac-hitani at 14:31
こんにちは(^-^) ..
by otameto789 at 21:28
ついに日本国内でも販売が..
by もと at 19:37
watakichi様へ ..
by mac-hitani at 18:57
予算と思いの違い、があり..
by watakichi at 02:40
吉田くんーず〜〜〜〜〜と..
by mac-hitani at 20:11
町谷さんこんにちは。 ..
by 吉田 崇 at 14:17
matsuo様へ 参考..
by mac-hitani at 11:11
純正がすぐに使えなくなっ..
by matsuo at 18:17

ファン

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31