「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:お仕事させていただいた( 29 )

iさま邸改築工事終盤

改築工事なので、住みながら工事を進めて行くというなか、部分的に出来てきています。
LDKが先行で、一日も早くご飯が食べられるように進めさせて頂いています
e0069646_16285707.jpg
e0069646_16311920.jpg
キッチンの施工はオーダーキッチン・ラインウッド
e0069646_16293197.jpg
床板はヒノキの無垢板、無節です!
e0069646_16293133.jpg
天井は杉の純白無節
e0069646_16293172.jpg
e0069646_16293083.jpg
待ちきれない娘さんもお手伝いしてくれました
e0069646_16293069.jpg
普段は寮生活のお兄ちゃんも帰って来て
家族全員集合です!
e0069646_16293158.jpg
e0069646_16293176.jpg
いろんなところに興味心身の次男君
娘さんは、今回の工事がきっかけで建築家になりたくなって
フリーソフトの勉強始めたそうです。

玄関廻りは、クライアントさんの長年の夢だった
無垢材を使っています。
e0069646_16293034.jpg
e0069646_16293054.jpg
この膨大な板の中から偶然出逢ったケヤキ!
e0069646_16293051.jpg
これが、加工されて、玄関に入りました
e0069646_16293914.jpg
e0069646_16293974.jpg
e0069646_16294066.jpg
e0069646_16294072.jpg
自らオイル仕上をするオーナーさん
ご満悦です!
e0069646_16553984.jpg
廊下は、杉純白無節の生作り

残りは、お風呂と脱衣所洗面です!

この、笑顔が見れるように
現場の皆さん
頑張りましょうね〜〜





















It is possible partially while it is said that I push forward construction while living because it is reconstruction work.
LDK is precedence and pushes it forward so that rice is eaten as soon as possible
[PR]
by mac-hitani | 2015-11-16 16:51 | お仕事させていただいた | Trackback | Comments(0)

エホントの本棚

e0069646_02350583.jpg
三和酒類いいちこ日田蒸留所さんに展示させていただいております
いいちこ様ありがとうございます
この空間の壁は、日田の左官!原田進氏の壁です!
原田さん!コラボさせていただいてま〜〜す



I display it to a Miwa liquor kind pythoness Hita distillery
I am, and thank you, pythoness
In the wall of this space, a plasterer of Hita is a wall of Mr. Susumu Harada!
Harada does collaboration
[PR]
by mac-hitani | 2014-03-30 02:39 | お仕事させていただいた | Trackback | Comments(0)

日田ふじスタジオさん近日オープン!

e0069646_21440358.jpg
e0069646_21452110.jpg
e0069646_21460374.jpg

e0069646_21454945.jpg
e0069646_21462243.jpg
e0069646_21464846.jpg
e0069646_21463399.jpg
e0069646_21474132.jpg
e0069646_21474386.jpg
いよいよ近日オープンいたします
ふじスタジオさんが
新たに、『 FUJI STUDIO 』に生まれ変わります
お楽しみに!!!

wisteria studio few days opening!
I finally open in few days
A wisteria studio
I am reborn newly in "FUJI STUDIO"
Don't miss it!



日田市新治町478-1(国道386号線沿いオートバックス斜め前)
TEL 0973-22-5441
[PR]
by mac-hitani | 2014-03-26 21:59 | お仕事させていただいた | Trackback | Comments(0)

FRPで作るオリジナル浴槽

e0069646_715405.jpg

ディテールに神は宿る
建築家ミース・ファン・デル・ローエの言葉ですが

古民家再生にだって同じ気持ちで挑んでいますよ

ちなみに
他のお部屋もチラッとご紹介です
田作りの家なので収納&リビングです
e0069646_9293799.jpg

e0069646_930288.jpg

この奥にお風呂場です
e0069646_9455837.jpg

扉を開けると別世界
e0069646_9425973.jpg


古民家再生には、いろんな問題が山積みです

訪れる側の方は必ず『いいお家ですね〜』
住んでる方は『古いだけですよ〜』

と言う会話をよく聞きますが
古民家には、良い所も悪い所もたくさんあります
これが、住んでいる方と訪れる方では
捉え方がちょっとすれ違ってるんですよ
基本的には、同じなんですけどね

生まれてからず〜っと住んでる方にとっては、古いだけで
雨漏りするは
すきま風は入るし
維持費はかかるし
野生の生物と共存してるようなもので良い所なんてありませんよ〜っとおっしゃいます

一方訪れる側にとっては、古い建物がステキですぅ〜立派な梁が魅力的ですぅ〜

っと確かに見た目は迫力があって魅力的ですね

もちろん今では入手困難な大きな材料で出来ている、お家もあります
でも〜経年変化で建物がひずんだり、斜めに倒れ、建具がきちんと閉まらないなどなど・・
壁があるのですぐに崩壊するわけではありませんので、ご安心を
建具と柱の隙間が5cmを超えると危険ですので専門家に相談した方がいいでしょう
冬場はこのすきま風が辛いんですよね〜

基本的に暖房の選択間違っているんですけどね
空気を温めるエアコンやファンヒーター等の暖房器具は、すぐに暖まった気がするので
みなさん使っているのではないでしょうか?
灯油の量はハンパなく使っていませんか?
これらの暖房器具は高機密、高断熱のお家用のモノで
すきま風が多くて土で出来た壁の古民家では、無駄だらけなんです
暖まっているのは空気なので、すきま風があれば逃げていきますし
土壁は熱を吸いまくり、次から次へとエネルギーを送り込まないといけません

では、どんな暖房器具が良いの?
遠赤外線系の暖房器具をお勧めします
もちろん、薪ストーブや暖炉がいいのでしょうが、そんな負担は、できないですよね〜

ここで、昔の人はどんな暖房器具を使っていたのでしょうか?
囲炉裏や火鉢や掘りごたつみたいな、部分的に、小さなエネルギーで暖をとっていたのではないでしょうか?

実際、僕のクライアントさんところに、たくさん火鉢があったので
原理を説明してから、使ってもらったのですが
感想は、『意外でしたが、あったか〜〜いですよ〜』っと好評でした

そうなんです、土で出来た壁は重く、ボードにクロスみたいな軽い壁とは、質量比が格段に違うので
遠赤外線の反射量も圧倒的に違います。

遠赤外線は反射した粒子同士が、ぶち当たることでエネルギーが生まれ
その粒子が体内に入り、体内の水の分子を筆頭に暖まるのです

空気だけを暖める暖房器具とは、根本的に暖まり方が違うのです
間違った暖房器具の選択は、エネルギーの無駄遣いなだけですよ

だからって囲炉裏や火鉢や掘りごたつなんて使えないですよね〜

ご安心ください、ストーブがあるじゃないですか!!!
これの方が灯油も減りが少ないでしょ?

原理が分かればストーブが、いかに古い建物に適した暖房器具なのかが
ご納得いただけたのではないでしょうか?

あぁ〜〜ミースの話と関係ないところまで脱線してしまった〜〜〜〜

今回は古民家でも、問題が多い水回りの工事について、書こうと思っていたのに〜〜〜〜

話題を水回り戻ます
古民家では、トイレやお風呂場は、ハジっこやちょっと離れた場所にあるのではないでしょうか?
まぁトイレは臭いの問題もありますから当然でしょう!
お風呂は、五右衛門風呂のあるお宅等は
火を使う場所なので、安全面から少し離して設置しているお宅もあるでしょうね

今回のクライアントさんの所はお風呂場に、ムカデは日常的に現れていましたが
トドメになったのは、蛇が排水口から出て来たことで
改装工事に、踏み切られました

僕も当然の理由だと思います

では、まいりま〜〜〜す
e0069646_9243063.jpg

e0069646_926445.jpg

e0069646_9264115.jpg

e0069646_9265578.jpg

e0069646_9274025.jpg

e0069646_9333610.jpg

e0069646_9335798.jpg

e0069646_9341328.jpg

FRPの施行中は、家中が、ものすごく臭いです!
頭フラフラになりますよ
職人さんも活性炭入りの防毒マスク着用で施工してます
e0069646_9343637.jpg

e0069646_938197.jpg

便器も交換です!・・・僕・・いったい・・何屋さん?・・
e0069646_9382985.jpg

一回仕上げを塗ってもらったのですが
補修箇所がでましたね〜
白は下地の凹凸がバッチリでるんですよ〜
e0069646_9393256.jpg

仕上がりは、こんなテクスチャーです

e0069646_9404510.jpg

e0069646_9412942.jpg

e0069646_941433.jpg

e0069646_9415453.jpg

e0069646_942137.jpg

e0069646_941932.jpg


これで、蛇は出ないです

古いお家はたいへんですね〜
[PR]
by mac-hitani | 2012-07-29 06:58 | お仕事させていただいた | Trackback | Comments(0)

お風呂工事?

僕の仕事はデザイナーですが
施工もやります
大工工事に左官工事
さらには電気や設備工事も自分でやります!
e0069646_21275732.jpg

今日は設備屋さんです
e0069646_21282229.jpg

e0069646_21283268.jpg

何が出来るかお楽しみに〜
[PR]
by mac-hitani | 2012-07-11 21:27 | お仕事させていただいた | Trackback | Comments(0)

大分駅支社長室-原田進氏とのコラボ-Earth wall大地の壁

e0069646_18592312.jpg

ず〜〜〜〜〜っと前からやりたかった
ひび割れの壁!
ついに完成です!!!

っとっても難しい技術なんです!

だって割れてるってことは
素材が繋がってないので
ポロポロ落ちてくるでしょ〜〜

でも!原田進さんのおかげで
やっと実現出来ました!

しかも今回は
ヒビを狙う!ことに成功しました!!

たぶん世界初・・・・・
ヒビで模様を描くことも可能になりました
ご依頼の際はご一報ください!

土は大分県関産のものを使います
e0069646_18414380.jpg

材料比は秘密です!ごめんなさ〜〜い

僕も壁塗り参加してます
e0069646_18501227.jpg

下地も秘密です!ごめんなさ〜〜い

原田さんのコテさばき
e0069646_18514689.jpg


塗たてはこんな感じです
e0069646_18523226.jpg


これが乾いてこうなります
e0069646_18525683.jpg

e0069646_18532094.jpg


JR九州さま、ありがとうございます
紹介してくださった有馬君ありがとうございました

A wall of the crazing!
It is completion at last!
It is the technique that っとっても has difficult!
だって percent れてるってことは
Because the subject matter is not connected
It is 落 ちてくるでしょ ~~ like rain
But on the coattails of Susumu Harada!
At last it was able to come true!
Besides, this time
I aimed at a crack and particularly succeeded!
Probably world's first ...
I was able to describe a design in a crack
Please let me know on the occasion of a request!
The soil uses the thing from Seki, Oita
[PR]
by mac-hitani | 2012-02-14 18:38 | お仕事させていただいた | Trackback | Comments(0)

家内の革の名刺入れ-仕上げ編

e0069646_21124436.jpg

シンプルに作る革の名刺入れの出来上がり
e0069646_2113485.jpg

e0069646_21132481.jpg

コバは、既製品っぽくならないように、オイルだけでナチュラルに仕上げました
e0069646_2113421.jpg

e0069646_21144076.jpg

牛ヌメ、オイルドレザー3.2mm使用です
[PR]
by mac-hitani | 2011-06-13 21:12 | お仕事させていただいた | Trackback | Comments(0)

白黒写真の中に迷い込んだような空間

黒だけの空間造りましたよ
e0069646_17564633.jpg

ここは、屋部村の公民館
公民館が新しく出来て使用されなくなってしまったので
九州ちくご元気計画の拠点としてリノベーションされた『墨』の空間です

床・壁・天井にいたるまで
全てが『墨』の世界
まるで白黒写真の中に迷い込んだような空間に仕上がりました

ギャラリーやカフェ、地域の活性化の拠点として活躍する事でしょう!
e0069646_1881859.jpg

e0069646_1884035.jpg

e0069646_1885766.jpg

e0069646_1891772.jpg

e0069646_1894326.jpg

e0069646_1872712.jpg

e0069646_1874311.jpg

e0069646_1875993.jpg

e0069646_18111662.jpg

[PR]
by mac-hitani | 2010-05-24 17:56 | お仕事させていただいた | Trackback | Comments(2)

いまごろ?ですがNHK出演した時の映像

あっ・・・・・

Excite BlogってYou Tubeのリンク貼れないんでした・・・・

文字だけですが
飛んでみてください

NHKの大分人物録という番組に出していただいた時のものです
4週連続で出てたんですよ〜

今見ると照れますね〜

興味のある方はこちらからどうぞ
[PR]
by mac-hitani | 2009-11-05 07:25 | お仕事させていただいた | Trackback | Comments(0)

幼稚園コンペ案

最近なかなか建築ネタに、たどり着かない事が多かったので
先日参加させていただいた
コンペ案の内容をご報告しますね

メインタイトルは
『わんぱくでもいい 逞しく育ってほしい』

サブタイトルとして
『こやまのたいしょうになろう』


どうしたらゲーム世代の親の子が『こやまのたいしょうになろう』になれるのか?

作られた遊び場で遊ぶということのつまらなさが、少しづつささやかれ始めました、これは、ゲーム世代といわれる、「インベーダーゲーム」から始まり「パックマン」「ドラゴンクエスト」などを、タイムリーに経験して来た、今、まさに子どもさんを、幼稚園に預ける人たちです。高度成長期の貧しかった頃を経験してきた方々の子どもにあたるゲーム世代は、遊び方も成長し情報化社会へ向けての一歩を歩むべく、パッチンやコマ、おはじきにゴム飛びの代わりに、テレビゲームという新しいオモチャを手に社会に出る準備をしてきました。でもそれは一部の人間がプログラムしたオモチャに遊ばされていたのです。これは受け身であって本来の「遊ぶ」という表現ではなく「暇つぶし」という言葉が適切だと思いますが、ゲーム世代は本当の意味の「遊び」を、今、子ども達に伝えたいと思っています。テレビゲームで遊んでいる子どもを見て楽しそうに遊んでいるなーと思う親がいますか?外で自然にふれあい、友達とおっかけっこをしたり、どろんこだらけの子どもを見て楽しそうと思う親はいるはずです。それが私たち人間のDNAに刻み込まれた「遊ぶ」という行為だからです

適度な不衛生もだいじなことでは、ないでしょうか?

ちょっと前までは、子どもを砂場で遊ばせると猫のフンやなんかの汚いものからバイ菌だらけになって、病気になるから遊ばせないというのが定説のように言われていましたが、最近では土や砂の中にあるのはウィルスの死骸があるだけで(まだ死んでいないものも多少はありますが90%ぐらい死骸)その死骸が体内に入ると体は、ウィルスに対する抗体を無理なく作り出せるので、抵抗力の成長が格段に違うという発表を医学学会でやったそうですが、実験結果もデータとしてあって、すごく良い研究だと思ってます。こういった抗体を持っていない親からアトピー等の症状が出るのではないかとも言われておりますが、研究途中とのことです。
中でも面白かったのが終戦後の方々から現代人までの、体内に存在する抗体の量を表したグラフがあったのですが、みごとに下降線をたっどっていてすごく心配になりました。適度に不衛生を保つことが大事だと教授も言っておりましたが、殺菌だの抗菌だのとやり過ぎは恐ろしい結果を引き起こすだけのようです。
適度に不衛生を保つというのは難しいことですが、大事なことだと考えています


ここで言う「こやま」とは、心身共に「のり越えるため」の、形状の象徴であり
「遊び」のなかで、いくつもの障害をのり越えていくプロセスを表すものです
e0069646_8495875.jpg




遊ぶこどもたちを、手を出すのではなく・放置するのではなく
『みまもる』
み‐まも•る【見守る】
〘動ラ五(四)〙
1:無事であるように注意しながら見る。また、なりゆきを
気をつけながら見る。「子供の成長を—•る」「事業の発展を—•る」

2:目を離さずにじっと見る。熟視する。凝視する。
「かたずをのんで画面を—•る」

辞書を引くとこんな風に書いていますね
頭では、解っているのですが、なかなか出来ない自分がモドカシイですね

どこからでも
e0069646_93098.jpg

『みまもれる』
こども園を計画していきます
e0069646_911769.jpg

e0069646_8522211.jpg

e0069646_8534249.jpg

e0069646_8541526.jpg

e0069646_8543527.jpg

e0069646_855472.jpg

e0069646_8553672.jpg

ごく一部でしたが
いかがでしたか?
普段は、こんなふうにプレゼンしております

アイディアの元は10年ほど前にデザインした遊具が基本になっています
e0069646_12522080.jpg
残念ながら、この案は採用されませんでしたが
興味のある方は、ご連絡くださいませ
[PR]
by mac-hitani | 2009-08-13 08:49 | お仕事させていただいた | Trackback | Comments(0)


1970/07/29意匠職人 町谷一成 土に還る住宅を目指して地産地消のご住宅を中心に設計させて頂いております。


by mac-hitani

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
うどん不動庵さん
お仕事させていただいた
いえができるまでLOCALHOUSE05
いえができるまでLOCALHOUSE04
いえができるまでLOCALHOUSE03
いえができるまでLOCALHOUSE02
築100年の旧家のリノベーション
家を建てる前に
仕事
こだわりの材料
建築雑学?
Mac
料理
雑貨
smart
伝統的建築物
伝統の技・まだ生きてまっせ!
父から子へ 子から孫へ
手作り革ランドセル
旅館の再生・別府山田別荘
桃の木
田植え
名工
ムルティプラ
Architecture Hous
canon 1D MkⅡ
カメラねた
LUMIX-DMC-LX7
1-un
DJ mo-more
うちの小物たち
音楽ねた
とにかく
映画情報
親バカ日記
ファッション
ちくご元気計画
E家「いいいえ」が出来るまで
日田の名物・遊船「屋形船」

ハイキング
ピクニック
ヤブクグリ

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 03月

お気に入りブログ

ブログの玉手箱
ForestGreen
VATELバテール〈ca...
楽貧生活
「で」のブツブツ
くらどみ通信
「ぷ」の話
アコーディオン 新井武人 
暮らし・手作り楽しみながら
スチール空間設計/鉄のク...
メリケン国から こんにちは。
くらし日和
林業日報
構築の美学 by mor...
時代の移ろい by mo...
akikoの創作人形
森のささやき by mo...
豊後森機関庫保存委員会
cafe de h  カ...
鎌倉にある 一級建築士事...
江副直樹/プロデューサー...
裏庭日記
別府 くつろぎの温泉宿 ...
山田別荘 宿々日記
MAIAMITENGOKU
前崎日記
泥の詩、土の夢。
Leave Word
cafeweek 鳥取
Disk Maestro...
桃の木
阿南陶磁器工房
Apple User G...

検索

ブログジャンル

建築・プロダクト
クリエイター

メモ帳

最新のコメント

スマートカブリオの幌ワイ..
by 山川です。 at 00:18
otameto789さま..
by mac-hitani at 14:31
こんにちは(^-^) ..
by otameto789 at 21:28
ついに日本国内でも販売が..
by もと at 19:37
watakichi様へ ..
by mac-hitani at 18:57
予算と思いの違い、があり..
by watakichi at 02:40
吉田くんーず〜〜〜〜〜と..
by mac-hitani at 20:11
町谷さんこんにちは。 ..
by 吉田 崇 at 14:17
matsuo様へ 参考..
by mac-hitani at 11:11
純正がすぐに使えなくなっ..
by matsuo at 18:17

ファン

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28