「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:伝統的建築物( 3 )

小京都日田の『豆田フォトコンテスト』

e0069646_11131686.jpg

こんなことも
おしごとです

町の活性化のために立ち上がった企画です
地元商店協賛品がすごいんです!!
みなさんドシドシ御参加ください

広瀬淡窓が休道の詩で
「君ハ川流ヲ汲メ、我ハ薪ヲ拾ワン」
豆田の寮生活を詠った様に
水と豆田は切っても切れない地勢にあります。
町中を流れる水路や水溜り、打ち水で暑さを凌ぐ
豆田での営みなど水と関係する豆田をテーマに写真をお送り下さい。

募集期間: 平成22年7月20日〜8月15日
届け先 : 〒877−0005 日田市豆田町13−4
      木下酒店気付  豆田町伝建保存会 
      ☎0973(22)2913
応募基準:写真は四つ切サイズ、カラー・モノクロを問いません
     一人3点まで応募可能
     肖像権やプライバシーの侵害には気をつけて下さい
     審査は豆田町伝建保存会及び日田写真協会が行ないます。
入賞発表:最優秀賞1点  (賞金10000円+地元商店協賛品)
     優秀賞 2点  (賞金 5000円+地元商店協賛品)
     入賞  5点  (地元商店協賛品)

協賛店
木下酒店 (焼酎セット)
薫長酒造(株) (清酒セット)
赤司日田羊羹本舗(羊羹詰合せ)
日田醤油(これ一本、天然だしの素セット)
アプロディール紙音(お食事券)
 黒田屋(お食事券)
豆田ロール-SUI-(ロールケーキ)
[PR]
by mac-hitani | 2010-07-14 11:12 | 伝統的建築物 | Trackback | Comments(0)

真壁・外壁

オテの住んでいる大分県日田市の豆田町地区は
伝統的建築物郡保存地区!!!!
(なぁげぇ〜なまえでしょ!息が続かないかもね(´ー`)y─┛~~ )
と言う地区に指定されまして
美しい町並みを残していこうと
行政と民間とが息を合わせてがんばっております

そこで、何かマニュアルの様なものが必要になって
まとめ上げた資料の制作に参加させて頂きましたので
ここで、一人でも多くの人に伝えていこうと思い
紹介させて頂くことにしました

タダの張りぼてではなく、真面目に取り組んでいる方々の努力が
少しでも伝わることを願っています

まずは、真壁という壁の構造についての説明からいきますね
外壁側の仕組みですが、こんなふうになっています
ここで紹介している工法は
一般の方にも解りやすいように作った資料ですので
全てがこの方法で出来ているわけでは無く
日田地方ではこう作られていることが多いという例ですので
誤解の無いようにお願い致します

e0069646_20185448.jpg

e0069646_20191114.jpg

e0069646_20192719.jpg

今度は内壁側です
e0069646_20314158.jpg

e0069646_2032323.jpg

e0069646_20321316.jpg

昔の人はご存じかと思いますが
近所の人たちが集まってコツコツと壁の下地になる竹を編んで
外的側の荒壁塗り・・・手でベチャベチャワラの入った泥を
投げながらくっつけていきます

竹の間から、はみ出す方がしっかりくっつきますよね〜

続いて裏から裏返し塗り・・これも手でグチャグチャと
ワラの入った泥をぬじくる感じでくっつけていきます
ここで自然に泥が乾くまで時期にもよりますが
3〜6ヶ月ほど放置します

その後下地を整えるために外壁内壁ともに付け送り塗りをします
これも乾くまでしばらく放置します

それから仕上げの下地の中塗り
これが乾いてから、やっと仕上げの上塗りです

延べで行くと、壁の工事だけで1年以上かかることになりますw(☆o◎)wガーン

すごくないですか!?!?!?

こんな大変なことに真面目に取り組んでいる豆田の人々と市の関係者の方々
設計監理の大変さもさることながら、施工者の方々の努力に敬意を表します

次回は蔵の構造を、ご説明致しますので、お楽しみに!
累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ
[PR]
by mac-hitani | 2007-04-20 21:27 | 伝統的建築物 | Trackback(11) | Comments(0)

蔵ってこうなってるんですよ!

先日、伝統的建築物郡保存地区に指定されている
豆田で勉強会がありました

今回は藏造りの建物の改修工事です
建築関係で無い方もいらっしゃるので
解りやすく書いて行きたいと思っていますのでご安心を

まずどうやって出来ているのかをイラストで紹介します
e0069646_14175180.jpg

まぁ〜まずは柱を立てますね

それから貫「ぬき」と呼ばれる板みたいなものですが
これを横向きに柱の間にいれて固定します

その貫に丸竹を縄で縦横に縛って行きます

この竹に表から土を付けて行きます
って言ってもワラの繊維が入った泥ですけどね
けっこう!激しく「べちゃ!」っと投げつけるんですよ
最初は楽しいですが、すぐ疲れます

この時に、さらにくっつきがいいように竹に縛っている縄に
横向きに縄をかけて土を挟んで、さらに土をつけます
e0069646_1153916.jpg

e0069646_14433738.jpg

表が終わったら裏も同じように付けていきます
これで最初のイラストの荒打ちが完成です

この状態で半年ほど乾かします
蔵ですからね!
住宅ではありませんよ!

これに大直し塗りをして
乾いたら小直し塗り

そして中塗りの時に割れ防止のために繊維で出来た網を中に塗り込んでいきます
昔はシュロの繊維を使っていました
e0069646_14514343.jpg

シュロって小学校のホウキですよ
e0069646_1452457.jpg

今では簡単に手に入らないので寒冷紗と呼ばれる網に変わっています

これでやっと白い漆喰の仕上げです

って
こんな風に出来ているんですよ〜
そりゃ〜お金かかるわけでっせ!

これは大切な物を火事や外敵から守るために造られたものですからね
金庫のデカイ!!!スタイルですね!

んでっ!
これの改修工事です
やっときました〜
(´ー`)y─┛~~
100年も経つと結構すんごいことになってます
っと言うか
だいたい途中で増築やら改築やら行なった時の
施行方法に問題があることが多いのですが
e0069646_1542295.jpg

e0069646_1544655.jpg
e0069646_1545578.jpg

もうメチャクチャです!
施工業者の方々は大変です!
がんばってください!

建物持ち上げて柱を入れ替えたりなんて
文化財じゃないのですからそんなにお金掛けられません

いろいろと大変です
どうしようもない部材は
e0069646_1582997.jpg

こうして鉄板で補強したり
e0069646_158854.jpg

柱にパッキンを敷いて湿気から部材を守る工夫をしています

壁なんて全部取ると大変なことになりますから
外部の痛んでいるところだけ剥がして
接着剤みたいなものを塗って土を付けていきます
e0069646_15113754.jpg

もう!
たいへんです!
伝統を守るって
すごいことなんですよね!
累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ
おかぜさまで堂々の一位!!ですが2位がせまって来てます!みなさんよろしく!☆☆日田の地元ブログ-0973NET-BLOG-RANKING☆☆
[PR]
by mac-hitani | 2006-09-21 15:19 | 伝統的建築物 | Trackback | Comments(2)


1970/07/29意匠職人 町谷一成 土に還る住宅を目指して地産地消のご住宅を中心に設計させて頂いております。


by mac-hitani

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
うどん不動庵さん
お仕事させていただいた
いえができるまでLOCALHOUSE05
いえができるまでLOCALHOUSE04
いえができるまでLOCALHOUSE03
いえができるまでLOCALHOUSE02
築100年の旧家のリノベーション
家を建てる前に
仕事
こだわりの材料
建築雑学?
Mac
料理
雑貨
smart
伝統的建築物
伝統の技・まだ生きてまっせ!
父から子へ 子から孫へ
手作り革ランドセル
旅館の再生・別府山田別荘
桃の木
田植え
名工
ムルティプラ
Architecture Hous
canon 1D MkⅡ
カメラねた
LUMIX-DMC-LX7
1-un
DJ mo-more
うちの小物たち
音楽ねた
とにかく
映画情報
親バカ日記
ファッション
ちくご元気計画
E家「いいいえ」が出来るまで
日田の名物・遊船「屋形船」

ハイキング
ピクニック
ヤブクグリ

画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 03月

お気に入りブログ

ブログの玉手箱
ForestGreen
VATELバテール〈ca...
楽貧生活
「で」のブツブツ
くらどみ通信
「ぷ」の話
アコーディオン 新井武人 
暮らし・手作り楽しみながら
スチール空間設計/鉄のク...
メリケン国から こんにちは。
くらし日和
林業日報
構築の美学 by mor...
時代の移ろい by mo...
akikoの創作人形
森のささやき by mo...
豊後森機関庫保存委員会
cafe de h  カ...
鎌倉にある 一級建築士事...
江副直樹/プロデューサー...
裏庭日記
別府 くつろぎの温泉宿 ...
山田別荘 宿々日記
MAIAMITENGOKU
前崎日記
泥の詩、土の夢。
Leave Word
cafeweek 鳥取
Disk Maestro...
桃の木
阿南陶磁器工房
Apple User G...

検索

ブログジャンル

建築・プロダクト
クリエイター

メモ帳

最新のコメント

スマートカブリオの幌ワイ..
by 山川です。 at 00:18
otameto789さま..
by mac-hitani at 14:31
こんにちは(^-^) ..
by otameto789 at 21:28
ついに日本国内でも販売が..
by もと at 19:37
watakichi様へ ..
by mac-hitani at 18:57
予算と思いの違い、があり..
by watakichi at 02:40
吉田くんーず〜〜〜〜〜と..
by mac-hitani at 20:11
町谷さんこんにちは。 ..
by 吉田 崇 at 14:17
matsuo様へ 参考..
by mac-hitani at 11:11
純正がすぐに使えなくなっ..
by matsuo at 18:17

ファン

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28